生命保険受取人とは

生命保険には、受取人が必要となります。
さて生命保険受取人は、誰でも良いというわけではありません。
一般的には第二親等以内とされており、祖父母、父母、兄弟、子供、孫などとなりますね。
ただ例外として、親族以外の人でも生命保険受取人になれることがあります。
それは内縁関係などにある人の場合です。
婚姻関係になくても、事実上の婚姻関係であれば生命保険受取人になることは可能であるということです。
しかし保険会社や保険商品によっては、生命保険受取人を厳しく親族と定めているものもあるようです。
加入をする時に、確認しておくと良いでしょう。
また生命保険受取人は、後に変更することもできます。
親から妻へ、妻から子供へなど場合によっては生命保険受取人を変更することも可能ですよ。
生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】